ティファールの歴史

T-fal Brand Story

みなさまの暮らしと歩んできたティファールの60年間をご紹介します。

 

1954年

フランス人技師のマーク・グレゴリーが、趣味の釣り道具の加工中に、アルミニウムにふっ素樹脂を加工するアイデアを思いつきます。これを応用して、世界で初めて「こびりつかない」フライパンが生まれました

 

 

 

1956年

フランス・パリ郊外のサーセルという町にティファール社を設立。「ティファールのフライパン=本当にこびりつかないフライパン」というキャッチコピーで発売され、評判を呼びます。当時の生産量は、一日あたり100枚でした。

 

 

 

1961年

アメリカ・ニューヨークの有名な雑誌に当時ファッションアイコンだったジャックリーン・ケネディがデパートでティファールのフライパンを買う様子が紹介され、それまで週7,500枚だった販売が、月間100万枚に跳ね上がりました。

 

 

 

1968年

ティファール社が、フランスの調理器具トップメーカーであるセブ社の傘下に。国や地域によって「TEFAL」か「T-fal」のロゴで展開をしています。

 

 

 

1975年

日本で株式会社セブ ジャパン設立。圧力なべ、フライパン、アイロンなどを中心にビジネスを展開。

 

 

 

1986年

特殊セラミック加工のアイロンを発売。(日本1990年発売)

 

 

 

1989年

世界初、コードレス電気ケトルを発売。(日本2001年発売)
調理器具がメインビジネスだったティファールブランドが電気ケトルの開発により、小型家電部門でもビジネスを広げていきます。

 

 

 

1995年

世界初、片手で開閉できる圧力なべ発売。(日本1995年発売)

 

 

 

1996年

画期的な収納性をコンセプトにした「取っ手のとれるティファール」を発売。(日本1998年発売)

 

 

 

1998年

日本で「セブ」だったブランド名を「ティファール」に変更。

 

 

 

2000年

食材をフライパンに入れるベストなタイミングが目で見てわかる「お知らせマーク」付きフライパンを発売。

 

 

 

2016年

ティファール誕生60周年。 長年の技術革新の集大成として、驚異の耐久性で3倍長持ち(当社比)の「チタンコーティング」を実現、調理器具のラインナップを一新。さらに「お知らせマーク」も新デザインでもっと使いやすく。

 

 

ティファールの歴史は、みなさまの暮らしとともにこれからも続きます。