中国茶

それぞれのお茶の特性と
適温の関係はとても繊細です

高級茶藝技師資格を日本人で初めて取得した
中国茶道家

岩咲 ナオコ

茶葉ごとの適温で、
本来の香りと味を楽しむ

それぞれのお茶の特性と適温の関係はとても繊細です。
家庭でさまざまな中国茶を楽しもうとする時、難しいのは80~95℃といった温度帯のお湯を用意することだと思います。
低めの温度で淹れるのに向いたお茶ほど、適温を外してしまうと、その持ち味を十分に発揮できません。
とはいえ、いったん沸騰させたお湯が冷めるのを待ったり、
差し水してお湯の温度を調整したりするのは、気軽にお茶を楽しむ時には手間でしょう。
その意味で、お湯の温度を7段階の設定から使い分けることのできる「アプレシア エージー・プラス コントロール」の登場は
中国茶の魅力をより多くの人に知ってもらえる、いいきっかけになると思います。
ほぼすべてのお茶に最適な温度帯がカバーされているのはうれしい限りです。
湯を注ぎ足せば三、四煎以上は楽しめる中国茶。湯温を変えて香りや味の変化を試してみるのも一興です。


岩咲 ナオコ
(いわさき なおこ)

中国茶道家。2012年、中国でも取得が困難 な高級茶藝技師の資格を日本人として初めて 取得。国内では自身が主宰する「茶禅草堂」 を中心に教室を展開する他、最近は中国や 台湾からの要請をうけ、海外でも数々の茶会 を開催。伝統を重んじながらも既成概念に とらわれないスタイルは「人」「自然」「空 間」の調和を主眼に置いたもので、芸術的 な評価も高い。真の茶人が評価される台湾 茶藝コンテストで2位の受賞経験をもつほ か同コンテストにて、自身の門下生を2015 年に第2位、2019年に優勝へと導いており、 独自の茶人育成は一定の評価を得ている。