珈琲

上手な温度設定が
おいしく淹れる最大の秘訣。

2014年度ワールドバリスタチャンピオンシップ
アジア人初の世界チャンピオン

井崎 英典

気軽に手軽に、家庭でもプロの味を気軽に手軽に、家庭でもプロの味を

生産から買付け、焙煎、抽出まで、珈琲はたくさんの人の情熱がつくり出す飲み物。
一杯の珈琲は世界の人々とつながっています。
その人たちとお客さんとの架け橋になるのが私たちバリスタです。
眠気覚ましに何気なく飲んでいたものを、おいしく、豆の産地もわかる一杯に変える存在。
なんていうと堅苦しいイメージですかね。
もっと自由に珈琲について考えたり語り合ったりする文化を広め、
皆さんが自分の好きな味に辿り着くきっかけになりたい。そう思っています。
布を使ったネルドリップ、気圧を利用したサイフォンなど珈琲にはさまざまな淹れ方があります。
このうち、家庭で最も気軽に “プロの味” に近づけるのが「フレンチプレス」です。
品質のよい新鮮な珈琲豆とお湯さえあれば、だれにでも手軽においしい珈琲を淹れることができます。


井崎 英典
(いざき ひでのり)

SAMURAI COFFEE EXPERIENCE代表コンサルタント。16歳でバリスタの道を志し、2009年に(株)丸山珈琲に入社。14年度、54カ国の代表が参加したワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)にて、アジア人初の世界チャンピオンに輝く。以来珈琲を通して世界中の人々と繋がる喜びを知る。16年2月に独立し、現在は年間200日以上海外にてコンサルティングに従事。コーヒーの可能性を追求する他業種とのコラボレーションにも尽力する。