紅茶

茶葉を蒸らす温度次第で
紅茶はもっとおいしくなる。

日本紅茶協会認定ティーインストラクター
日本紅茶界を代表する紅茶専門家

熊崎 俊太郎

おいしい紅茶のための「決まり事」おいしい紅茶のための「決まり事」

一杯の紅茶を丁寧に淹れる。口に運ぶと、ほっとして幸せな気持ちになります。
たった数分、それだけの時間で、自分や家族、友人の心に潤いを与えてくれます。
お茶まわりのアンティークやテーブルコーディネート、お花、お菓子といったカップの外に広がる世界も、
同じ興味を持つ仲間との出会いなど心豊かな日々を演出してくれます。
そんな魅力に惹かれ私は紅茶を一生の仕事に選びました。
アッサム、セイロン、ダージリン、ストレートティー、レモンティー、ミルクティー。
茶葉やタイプが違っても、おいしい紅茶を淹れるには、ちょっとした「決まり事」があります。
でも、ご安心を。
決して複雑でも難しいものでもありません。
新鮮な茶葉と水を用意して、その茶葉に適した温度のお湯で蒸らすこと。ただそれだけです。


熊崎 俊太郎
(くまざき しゅんたろう)

フィーユ・ブルー ティーブレンダー/ティー・コーディネーター。日本紅茶協会認定ティーインストラクター。学生時代から喫茶ビジネスに携わり、紅茶専門店、紅茶輸入商社勤務を経て独立。紅茶文化に関する講演活動の傍ら、オリジナルティーのブレンド開発・商品企画などを手掛ける。日本紅茶界を代表する紅茶専門家として注目を集め、ティーカップ一杯の中に完成するその世界観が多くの人々に感銘を与えている。

動画でもご覧いただけます