日本茶

温度で淹れ分ける、
日本茶の楽しみ。

NPO法人日本茶インストラクター協会認定
日本茶インストラクター
日本茶ソムリエ

和多田 喜

日本茶は「水と茶葉でつくる料理」日本茶は「水と茶葉でつくる料理」

日本茶って、なんともいえない安心感や安堵感があると思いませんか?
ひと口飲み込むと、渋みはさっと消え、爽やかな香りと自然や緑、畑を彷彿させる余韻を心地よく残します。
ほっと表情がほぐれ、少しだけくつろいだ“いま”を手に入れることができます。
そこから眺める世界は、飲む前とは変わって見えるかもしれない。
自分の淹れるお茶で、その人の一日を素敵にするお手伝いができたら。そう願いながら、
今日も急須を握っています。お茶は「水と茶葉でつくる料理」です。
ですから、おいしい水と茶葉がなければ、おいしいお茶になりません。
同じ理由で、水をまずくするような急須ではお茶はおいしくなりません。
そして、「料理をつくる=お茶を淹れる」上で、味を大きく左右するポイントが「お湯の温度」です。


和多田 喜
(わただ よし)

日本茶ソムリエ。2005年にNPO法人日本茶インストラクター協会認定「日本茶インストラクター」の資格を取得。同年、東京・表参道にお茶をおいしく飲むことにこだわった新しいスタイルの日本茶専門のカフェ「茶茶の間」をオープン。良質な茶葉を選び抜く天性のセンスと、固定概念にとらわれない自由な発想で、日本茶の魅力を広く伝え続けている。日本茶をテーマとした講演・執筆などでも活躍中。