圧力なべ ほっこり幸せ フランス家庭料理

圧力なべ ほっこり幸せ フランス家庭料理

ティファールのふるさと フランスでは、どこの家庭にも圧力なべがあります。
パリで生まれ育ったバットンさんもやはり、幼い頃のママンの圧力なべ料理をよく覚えているようです。
バットンさんのフランスでのストーリーを交えながら、フランス家庭料理をご紹介します。

日本では、友人と一緒に食事というと
外食が多いですが、フランスでは大抵
自宅に招きます。多い人は週に数回など日常的。
お料理がおいしくなり時間短縮になる
圧力なべは欠かせません。
夕食は親しい人と一緒にゆっくり時間をかけて
おいしい料理とおしゃべりを楽しみます。
フランス人にとって「食事」は
暮らしを豊かにしてくれる1日の中で
とても大切な時間なのです。

フランスの家庭でよく作られている家庭料理をご紹介。
圧力なべでカンタンに作れるフランス家庭料理とおいしいワインで、ほっこり幸せな食卓を。

白いんげん豆とトゥールーズ・ソーセージの煮込み白いんげん豆とトゥールーズ・ソーセージの煮込み

白いんげん豆とトゥールーズ・
ソーセージの煮込み

いんげん豆とソーセージから出るおだしが美味しい、
代表的なフランス家庭料理。菜の花も一緒に。
> レシピを見る

キャベツとベーコンの煮込み

エストラゴンが香る
チキン入りフラン

日本の茶碗蒸しとフランス料理のフランが融合。
口に入れた瞬間にとろけるクリーミーな食感。
たけのこも加えました。
> レシピを見る

フランス料理は、そんなに構える必要はありません。
「だし」はフランス料理にも使いますし、
日本では定番の根菜の煮物もフランスでよく食べられる家庭料理の一つです。
和食との共通点もいろいろ。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

フランスにもだしがあります。日本では、かつおや昆布をよく使いますが、フランスでは、鶏を一羽丸ごと茹でたチキンブイヨンや、野菜・牛の骨を使ったフォンドボーなどがあります。

根菜ばかりで地味になりがちな煮物も、季節の野菜の彩りを加えるだけで、鍋の中が華やぎます。ソーセージや野菜から出るブイヨンが滋味豊かです。

片手でカンタンに開閉でき、軽くて使い勝手のよい圧力なべ「クリプソ ミニット」シリーズ。
タイマー付きの「クリプソ ミニット パーフェクト」なら、
火加減調節のタイミングを教えてくれるから初心者さんでも安心です。

ページトップへ