いかのいんろう煮

このレシピを印刷するEmail

ブログに載せる

  • Facebook
  • Twitter
いかのいんろう煮
いんろう煮は中身をくり抜いて詰め物をした料理のこと。いかの足を詰めて、いかを上から下まで使い切ります。
調理時間調理時間
30分
カロリーカロリー
172kcal
塩分塩分
2.8g
ジャンルジャンル
和風
レベルレベル
ちょっと難しい

材料(4人分)

いか(中)
4杯
長ねぎ
1本
しょうが
1片
水溶き片栗粉(同量の水で溶いた片栗粉)
大さじ1

A

だし汁
300cc
砂糖
大さじ1
みりん
大さじ1
大さじ1
しょうゆ
大さじ2

調理手順

加圧時間

<高圧 / 低圧切替タイプの場合>
【高圧5分 / 低圧5分→蒸らし10分】
<圧力切替がないタイプの場合>
【5分→蒸らし10分】

  • いかは足とワタを抜き取り、ていねいに皮をむき、足は先を切りそろえ、エンペラはせん切りにする。
  • 長ねぎ、しょうがは千切りにして、いかの足とともに、いかの胴の中に詰め込む。このとき、足の先端から先に詰め込むとよい。
  • なべに【A】、②のいかを並べ入れ、ふたをして加圧する。加圧終了後火を止め、蒸らし時間をとり、圧力を下げふたをあける。
  • 別鍋に煮汁を200cc取り分け、火にかけて味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  • いかを切り分けて器に盛り付け、④の煮汁を上からかける。