「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトとしたPenとのタイアップコンテンツ。
ティファールの衣類スチーマーで、毎日の衣類ケアが驚くほど快適に。

衣類スチーマー
「アクセススチーム プラス」を使って、
オンもオフも快適なファッションライフを。

写真:杉田裕一 文:和田達彦2020.04.15

シワがなく手入れされたシャツやパンツを身に着ける。それは、大人の身だしなみとして必要なのはもちろん、なにより気分がよいものだ。しかし、そのためのアイロンがけは面倒だと感じてしまうのも事実。
そんな時に重宝するのが衣類スチーマーだ。ティファールの「アクセススチーム プラス」があれば、朝の忙しい時間でも、ハンガーにかけたままで手早くシワのばしが行える。

「普段、洗濯はするのですが、アイロンは手にした記憶がないんですよね」と語るのは、トランジットジェネラルオフィスCEOの中村貞裕さん。中村さんが近年、力を入れているのは、世界各国のフードカルチャーを輸入すること。モダンギリシャレストラン「THE APOLLO」、ハワイ発のベトナムレストラン「THE PIG & THE LADY」などを続々と日本に上陸させ、いずれも人気店となっている。「世界レベルのレストランを呼ぶことで、ニューヨークのように東京をもっとインターナショナルな街にしたい」と語る中村さん。その一方で、プロデュースを手がけた、“ごみゼロ”の町として知られる徳島県勝浦郡上勝町の環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY)」も今年開業予定。同施設は「今年を代表する仕事になりそうです」と語る。そんな多忙な中村さんに、日常の衣類ケアについてうかがいつつ、「アクセススチーム プラス」を体験してもらった。

「シワをのばすスチームの力」
に驚きました。

Profile

中村貞裕
1971年東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、伊勢丹のバイヤーを経て2001年に「トランジットジェネラルオフィス」を設立し、カフェ「OFFICE」を開業。以後レストランやホテル、シェアオフィス、鉄道などのブランディングやプロデュースを手がける。著書に『中村貞裕式 ミーハー仕事術』(ディスカヴァ―・トゥエンティワン刊)。

トップスはTシャツの上にパーカやトレーナー、ボトムスはデニムパンツにスニーカーと、比較的ラフな服装でいることが多いという中村さん。「普段接する人も、クリエイター系の人は同じようにカジュアルな服装が多いですね。ただ、リラックス感のあるカジュアルウエアを身に着けていても清潔感は大事。
男性でも女性でも、キレイでその人に似合っているファッションは好感がもてるし、ミーティングも華やかになります。特に初めて会う場合は第一印象って重要ですから、服があまりにもヨレヨレなのは困りますね」。日常の衣類ケアは、普段着は洗濯乾燥機のみ。大切な服やシワが気になるシャツなどは、クリーニングに出してしまうそうだ。「アイロンがけって面倒そうで。でもこのティファールの『アクセススチーム プラス』はカッコいいので、これなら使ってみたくなりますね」

さっそくアクセススチーム プラスを用いて、シャツのシワ取りを体験する中村さん。「すごく楽なのに、きっちりシワが取れるんですね。なんだかテンションが上がってきました(笑)」

シワの原因は繊維同士が絡みつき、その状態で乾燥してしまっていること。その繊維に水分を与えてほぐせば、意外と簡単にのばすことができるのだ。ティファールのアクセススチーム プラスは、最大で毎分平均20gという大量のスチームが繊維の奥深くまで浸透し、素早くほぐしてくれる。
タンクに水を入れ、電源を入れたら40秒で立ち上がって使用可能。コットンシャツなら3~4分もあればキレイにシワを取ることができる。
「思っていた以上にパワフルにスチームが出ますね」と、トリガーを握って感心する中村さん。そして実際にシャツにスチームを当て、シワがよくのびることにさらに感心した様子。「ハンガーにかけたままでスチームを当てられるのですごく楽。形を崩さずにきっちり仕上げられるのがいいですね」

シャツの袖にアクセススチーム プラスをかける場合は、一方の手で袖を伸ばすように持っておき、スチーム噴出部分を押し当てるようにして上下に動かすと、驚くほど簡単にシワが取れる。「使いやすいし、なにより本体のプロっぽいデザインが気に入りました」

アクセススチーム プラスは、人間工学に基づいてデザインされている。重量は約1.2kgと、持つとそれなりに重みを感じるが、重心が手元にくるように設計されているので安定感があり、上下に繰り返して動かし続けてもストレスを感じない。
「重さはほとんど気にならないですね。力を入れなくても使えて疲れないです。これなら、女性でも使いやすいのではないでしょうか」と語る、中村さん。「スイッチ周りなどもシンプルで、日常的に使っている家電と違和感がないデザイン。直感的に使えます」。
性能と使い勝手のよさから、スタイリストなどファッションのプロにも愛用者が多いアイテムだけに「これを使ってシワ取りをしていると、大人な気分になれますね」

毎分平均20gのスチームを、約9分間連続で噴出できる。トリガーを引くとスチームが噴射され、その状態でトリガーをロックすることも可能。スチームにはシワのばしの他、脱臭・除菌効果もある。

「アクセススチーム プラス」には、シワ取りの他、脱臭・除菌にも使えるというメリットがある。高温で細かなスチームが、繊維に付いたニオイの粒子や菌を洗い落としてくれるからだ。
「脱臭効果があるのはうれしいですね。私自身はたばこは吸わないのですが、周囲に喫煙者が比較的多くて、臭いが服に付いてしまうのが困るんですよね」。また服だけでなく、クッションやカーテンなど、普段洗濯がしづらい布製品にも使うこともできる。
「色落ちが気になるデニムなども頻繁には洗いたくないものですが、これを使えば清潔に保てますね」

シルエットを保ちつつ、
好みの風合いに仕上げる。

自宅でのケアが難しいジャケットやタック入りパンツ、プリーツスカートなども「アクセススチーム プラス」なら手軽に手入れできる。「会社に置いているスーツは普段は秘書に手入れしてもらっているのですが、これがあれば自分でサッとやってしまえますね」

フォーマルな服は年に3回ぐらいしか着ないという中村さんだが、パーティのほか、ショップやスポットのオープンイベントなどでシャツ+ジャケットを着る機会は多いそうだ。
「スーツは何着か会社に置いてますが、普段の服装があまりにも緩いので(笑)、たまに着ると気分が引き締まりますね」。ホワイトシャツはクリーニング済みのものを着用するが、糊が利きすぎていることがあるのが悩みだという。「パリパリすぎるのは嫌なので、着る前にわざと少し揉んだりします。でも『アクセススチーム プラス』ならシワを取りつつ、ふんわり好みの風合いに仕上げられるのがいいですね。また、弊社ではケータリングサービスの事業もやっていて、ブランド主催のイベントなどにスタッフを派遣するのですが、多い時は一度に50人以上送り出すことがあります。
スタッフが着る服は基本クリーニングに出しているのですが、間に合わない場合は社員が手分けしてアイロンがけ。そんな時にこれがあると手早く準備ができそうです」

ティファールの「アクセススチームプラス」(W13.0×H28.3×D14.1cm)。重量約1,220g(水タンクが空の時)。ヘッドカバー、ブラシ、ドアフックが付属する。

衣類をプレスして仕上げるのではなく、気になるシワだけをのばすことで立体的に仕上げられる「アクセススチーム プラス」。
付属のヘッドカバーを装着し、スチーム噴射量を抑えたモードにすればデリケートなアイテムもシルエットに合わせてシワのばしが可能。またアタッチメントブラシを使えば、肉厚のパーカやウール、カシミアなども毛並みをふんわり整えながらリフレッシュさせることができる。この衣類スチーマーをクロゼットの脇に備えておけば、ビジネスシーンからプライベートまで、外出前の慌ただしい時でも手軽に身だしなみを整えることができそうだ。