やかんと電気ケトル、使いやすくてお得なのはどっち?
あなたの目で確かめてください。

安全性で選ぶ

電気ケトルは火を使わないため安心・安全です。
お湯が沸くと自動で電源が切れるので、
目を離しても大丈夫。時間を有効に使えます。

効率で選ぶ

電気ケトルは必要な量だけ注げる湯量窓付きだから
お湯を沸かし過ぎたりすることなく
水やガスの無駄がありません。

*仕様は製品により異なります

スペースで選ぶ

電気ケトルは火を使わない、つまりコンロをふさがない。
どこにでも置けるのでキッチンを広々と
使うことができます。

電気代・ガス代で選ぶ

電気ケトルで1回お湯を沸かすのに
かかる電気代はカップ1杯分でわずか約0.47円。※
やかんで1回お湯を沸かすのにかかるガス代は
約3.36円。
比べると一目瞭然です。

※電気代はカップ1杯分でわずか約0.47円。

やかん・電気ケトル比較表
やかん 電気ケトル
安全性 低い 高い
保温機能 × △(一部の機種)
電気代・ガス代
(1Lの比較 プロパンガスにて算出)
約3.36円 約2.6円

※電気代はカップ1杯分でわずか約0.47円。

〈 電気ケトルの上手な使い方 〉
  • ケトル本体に必要な量の水を入れ、ふたを閉める。
    MAXライン以上は水を入れないでください。水以外のものは沸かさないでください。ふきこぼれ、故障の原因になります。
  • ケトル本体を電源プレートに正しく設置する。
  • 電源プレートのプラグをコンセントに差し込む。
    定格15A・交流100Vのコンセントを単独で使用してください。他の機器と併用すると、火災・故障の原因となります。
  • 電源を入れる。
    取っ手上部にある電源スイッチの上の方を押して電源を入れます。お湯が沸騰すると電源は自動的に切れます。
  • お湯を注ぐ。
    沸騰状態がおさまってからお湯を注ぎます。
〈 電気ケトルの簡単なお手入れ方法 〉
  • 本体を柔らかい布で拭きます。
  • 注ぎ口カバーがある場合は、注ぎ口カバーを拭きます。
    注ぎ口カバーの取り外しはできません。
    こわれやすいので、取り扱いにはご注意ください。
  • ケトル本体からフィルターを引き抜き、水洗いします。
  • ケトル本体内部を水でよくすすぎ、
    ふきんなどでしっかり拭きます。
    ケトル本体と電源プレートは、絶対に水につけないでください。
  • フィルターが乾いたら、再度注ぎ口にしっかりとセットし完了です。
気になる違いは? やかん vs 電気ケトル スペシャルコンテンツ

やかんと電気ケトル、
使いやすくてお得なのはどっち?
あなたの目で確かめてください。

安全性で選ぶ

安全性で選ぶ 電気ケトルは火を使わないため安心・安全です。お湯が沸くと自動で電源が切れるので、目を離しても大丈夫。時間を有効に使えます。

効率で選ぶ

効率で選ぶ 電気ケトルは必要な量だけ注げる湯量窓付きだからお湯を沸かし過ぎたりすることなく水やガスの無駄がありません。
*仕様は製品により異なります

スペースで選ぶ

スペースで選ぶ 電気ケトルは火を使わない、つまりコンロをふさがない。どこにでも置けるのでキッチンを広々と使うことができます。

電気代・ガス代で選ぶ

電気・ガス代で選ぶ 電気ケトルで1回お湯を沸かすのにかかる電気代はわずか約0.47円。※
やかんで1回お湯を沸かすのにかかるガス代は約3.36円。比べると一目瞭然です。
※電気代はカップ1杯分でわずか約0.47円。

やかん・電気ケトル比較表
やかん 電気ケトル
安全性 低い 高い
保温機能 × △(一部の機種)
電気・ガス代
(1Lの比較 プロパンガスにて算出)
約3.36円 約2.6円

※電気代はカップ1杯分でわずか約0.47円。

電気ケトルの上⼿な使い⽅ 〈 電気ケトルの上手な使い方 〉
  • ケトル本体に必要な量の水を入れ、ふたを閉める。
    MAXライン以上は水を入れないでください。水以外のものは沸かさないでください。ふきこぼれ、故障の原因になります。
  • ケトル本体を電源プレートに正しく設置する。
  • 電源プレートのプラグをコンセントに差し込む。
    定格15A・交流100Vのコンセントを単独で使用してください。他の機器と併用すると、火災・故障の原因となります。
  • 電源を入れる。
    取っ手上部にある電源スイッチの上の方を押して電源を入れます。お湯が沸騰すると電源は自動的に切れます。
  • お湯を注ぐ。
    沸騰状態がおさまってからお湯を注ぎます。
電気ケトルの簡単なお⼿⼊れ⽅法 〈 電気ケトルの簡単なお手入れ方法 〉
  • 本体を柔らかい布で拭きます。
  • 注ぎ口カバーがある場合は、
    注ぎ口カバーを拭きます。
    注ぎ口カバーの取り外しはできません。
    こわれやすいので、取り扱いにはご注意ください。
  • ケトル本体からフィルターを引き抜き、水洗いします。
  • ケトル本体内部を水でよくすすぎ、
    ふきんなどでしっかり拭きます。
    ケトル本体と電源プレートは、絶対に水につけないでください。
  • フィルターが乾いたら、再度注ぎ口にしっかりとセットし完了です。