電気ケトル
選ばれる理由

電気ケトル 選ばれる理由 電気ケトル 選ばれる理由

世界初のコードレス式電気ケトル

世界初の
コードレス式電気ケトル

電気ケトルの先駆者として
日本でも進化し続ける
人気のティファール。
その歴史をご紹介します。

電気ケトルのパイオニア

ティファールは、世界で初めてコードレス式電気ケトルを発売したパイオニアです。日本では2001年から販売を開始。それまでお茶やコーヒーを淹れる際、やかんでお湯を沸かしたり、ジャーポットで大量のお湯を沸かして保温することが一般的でしたが、ティファールの電気ケトルの登場により、日本の湯沸しが“必要なときに必要な分だけお湯をすぐに沸かす”文化に大きく変化しました。

History

  1. 日本で電気ケトルの
    販売を開始

    それまで日本では、やかんでお湯を沸かし、保温ポットに入れ替えていた。電気ケトルは「必要な分だけ沸かす」という新しい湯沸し文化を日本に作りだした。

    2001年

    2001年

  2. 小さな「0.8Lサイズ」の
    アプレシアを発売。

    それまで1.0~1.7Lの大容量サイズが多かった電気ケトルに、0.8Lサイズが登場。「もっと小さいサイズが欲しい」という日本のお客様からの声に応えて開発し、その後フランスをはじめ、世界各国で発売される。

    2006年

    2006年

  3. 抗菌Ag+(銀イオン)を配合
    した電気ケトルを発売。

    Ag+配合の抗菌素材「マイクロバン®」を使用して、プラスチック表面を清潔に保てるように。

    2011年

    2011年

  4. 転倒お湯もれロックタイプを発売。

    もしも倒してしまっても、お湯もれロック機能で安心して使えるように。

    2015年

    2015年

  5. おいしさを引き出す、
    温度コントロールタイプを
    発売。

    飲み物に合わせて7段階の温度設定ができて、おいしい温度でホットドリンクを楽しめるように。

    2017年

    2017年

  6. 沸騰しても外側が
    熱くならないあんしんタイプを発売。

    沸騰後、不意に触れたときや、両手で持って注ぐときにも、外側が熱くならないので安心して使えるように。

    2018年

    2018年

  7. 丸洗いできる電気ケトルを
    発売。

    ティファール独自の防水構造(特許取得済)で、電気ケトルの丸洗いやつけ置き洗いができ、いつでも清潔に保てるように。

    2019年

    2019年

  8. ティーポット代わりになる
    電気ケトルを発売。

    お湯を沸かすだけでなく、好みの温度でお茶や紅茶が淹れられる電気ケトルが登場。取り外し可能な茶こし付きで、ティーポットの代わりに。

    2021年

    2021年

このページの先頭に戻る