鶏ぶつ切り肉の立田揚げ

このレシピを印刷するEmail

ブログに載せる

  • Facebook
  • Twitter
鶏ぶつ切り肉の立田揚げ
下ごしらえで鶏肉を加圧するので、外はカリッと、中はやわらかい竜田揚げになります。
調理時間調理時間
30分
カロリーカロリー
410kcal
塩分塩分
2.1g
ジャンルジャンル
和風
レベルレベル
普通

材料(4人分)

骨付き鶏のぶつ切り肉
800g
揚げ油
適量
レモン
適量

A

しょうゆ
大さじ3
大さじ1
しょうがのしぼり汁
大さじ1
こしょう
少々

B

片栗粉
大さじ5
小麦粉
大さじ1

揚げる前に鶏肉を加圧して蒸します。鶏肉はせいぜい2段で収まるように並べます。

調理手順

加圧時間

<高圧 / 低圧切替タイプの場合>
【高圧10分 / 低圧10分→急冷】
<圧力切替がないタイプの場合>
【10分→急冷】

  • 圧力なべに水300cc(分量外)を入れる。蒸し板(または、中かご)に鶏肉を並べ、なべにセットし、ふたをして加圧する。加圧終了後急冷してふたをあける。
  • 【A】を混ぜ合わせ、①の鶏肉を15分間漬け込む。
  • 鶏肉の汁気をきり、【B】の粉をしっかりまぶす。
  • 180℃に熱した揚げ油で、③の肉の表面をカラッと揚げる。器に盛り、くし形切りのレモンを添える。